自動車の商談は値引きだけではない!下取りも含めて、商談を

自動車を購入するときには、やはり値引きは大事なところですよね!
でも自動車の商談は値引きだけ求めるものではありません。ディーラーさんも値引きできる範囲は決まっています。さすがに限界を超えて値引きは出来ません。あまりに要求し過ぎると、帰ってくださいとなります。
では値引きが限界なら、どこで要求するか?下取り価格です。例えば初めの査定で50万円と云われてもそれで納得してはいけません。初めからマックスの査定金額を伝えてくる営業さんはまずいません。後で要求されることを見越して、少し低めの価格を言っているものです。
そこを突くのです。値引きがマックスで、これ以上は無理だと言われたら、じゃあ査定はどうですか?と聞いてみてください。聞いてもいっぱいいっぱいだと答えるのなら、他の下取り屋さんに持っていっていいですか?と言ってください。
大概の営業さんはそれを嫌がります。下取り車を取るのも仕事ですし、そんなことをされて、商談がまとまらないのも嫌なことです。さっさと成約に持っていきたいものなのです。
だから余裕を持っている営業さんは、あと少し査定額を上げるので、ここで入れてくれませんか?と言ってくるはずです。
ほとんどの確率で言ってきます。なので、自動車の値引き交渉は車からの値引きだけではなく、最終的には下取りの査定額アップまですることが、交渉なのです。途中で止めたら、営業さんが得するだけですよ!
自動車の商談をされる方はぜひ下取り交渉も重視してください。よりお安く、好きな車を購入できます!