トラック便の会社に経理職で内定したが辞退して良かったこと

私は、以前広島に住んでいました。その時に、何度か転職を経験しましたが、その中でも内定辞退した会社も色々ありました。当時は、平成大不況の時代でしたが、求人雑誌は複数出回っており、私は、その中の毎週発売されているものをチェックして、あるトラック便の会社に応募しました。職種は経理職だったのですが、求人案内に書かれていた所在地は、山の中の団地から少し歩いたところになっていました。面接に行くと、社長と採用担当者が会社の説明をしたのですが、建物は古いプレハブでした。その後、外に出て説明を受けたのですが、大型バスが停めてあったので、何の為のバスかについて質問したところ、「ゴルフコンペ用のバスだ」という答えが返って来ました。私は、こんな不況の時代に、会社の規模に比して不相応なことをしていると思い、本社の位置について質問しました。すると社長が、「今、説明を行った建物が本社だ」と言いました。私は、増々不信感が強くなり、「西営業所は何処ですか?」と質問すると、社長は、「隣のプレハブだ」と答えてその場を離れました。採用担当者の方は、私を陰に呼んで、「今、社長がいい様なことを言っていたが、この会社h止めた方がいいです」と言いましたが、私はその場は辞退しない方向のことを回答して帰宅しました。その後、新卒用の求人誌や登記簿を調べたところ、本社所在地は、全く違う場所にあるということが判ったので、その会社については、内定したものの辞退しました。その会社のトラックやバンは、広島だけでなく私の実家の辺りでも頻繁に見かけるのですが、助手席に乗っている者の態度が悪く、ダッシュボードに足を載せていたりしていましたが、掲示板を読むと、信号待ちなどでアイドリングストップをしないしないことが多いといったことなどが挙がっており、私は辞退して正解と思いました。従兄弟の住んでいる市内では、バスは、年式問わず信号待ちでもアイドリングストップをかけているのを見ていましたので、こういった会社は、幾ら、子会社にタクシー会社や引っ越し業者があると言っても信用しないで正解と思いました。幾ら、他の会社を子会社化したり、サイト上でトラック乗務中に人命救助に関わった従業員がいたことなどを挙げていても、心に響くものがありません。話に偽りのある会社は拘らない方が賢明という事例の一つと思い、その会社のトラックを見ると今も吐き気がします。

次期インサイトは登場するのか

ホンダがかつて販売されていたインサイトの後継モデルを登場させるのではとたびたび話題になることがありますが、2代目インサイトのサイズに近い5ナンバーサイズの車は現在ではグレイスハイブリッドがあり、当時のインサイトの燃費26.2km/lに対してグレイスハイブリッドは34.0km/lと上回っていることなどから、このサイズで登場することは考えにくく、どのようなサイズで登場するのか?どのようなスペックになるのかというところは興味深いです。トヨタプリウスの燃費40.8km/lに対抗できるハイブリッドシステムは現在のホンダには存在しておらず、あらゆる面でプリウスに対抗しうるものとなると、次期インサイトの車体サイズはグレイスより大きく、アコードハイブリッドよりは小さい車体になるでしょう。とは言え、車体サイズ的にはシビックにハイブリッドを搭載すればいいのかとも思わせるだけに次期インサイトが存在した場合の立ち位置が難しくなっています。
CR-V、シビック、フィット、ヴェゼル、NSXのみを販売しているヨーロッパのホンダにもハイブリッドを導入するという話もあり、CR-Vはすでにハイブリッドの形式はアコードのタイプで確定、フィットやヴェゼルはハイブリッドが搭載されるのであれば日本仕様のものを導入することが考えられます。現在ホンダにおいて海外のハイブリッドはアコードハイブリッドの方式が主流となっており、次期インサイトが世界的に販売されるとした場合、アコードハイブリッドの系統になるのかとも考えられます。

自動車の商談は値引きだけではない!下取りも含めて、商談を

自動車を購入するときには、やはり値引きは大事なところですよね!
でも自動車の商談は値引きだけ求めるものではありません。ディーラーさんも値引きできる範囲は決まっています。さすがに限界を超えて値引きは出来ません。あまりに要求し過ぎると、帰ってくださいとなります。
では値引きが限界なら、どこで要求するか?下取り価格です。例えば初めの査定で50万円と云われてもそれで納得してはいけません。初めからマックスの査定金額を伝えてくる営業さんはまずいません。後で要求されることを見越して、少し低めの価格を言っているものです。
そこを突くのです。値引きがマックスで、これ以上は無理だと言われたら、じゃあ査定はどうですか?と聞いてみてください。聞いてもいっぱいいっぱいだと答えるのなら、他の下取り屋さんに持っていっていいですか?と言ってください。
大概の営業さんはそれを嫌がります。下取り車を取るのも仕事ですし、そんなことをされて、商談がまとまらないのも嫌なことです。さっさと成約に持っていきたいものなのです。
だから余裕を持っている営業さんは、あと少し査定額を上げるので、ここで入れてくれませんか?と言ってくるはずです。
ほとんどの確率で言ってきます。なので、自動車の値引き交渉は車からの値引きだけではなく、最終的には下取りの査定額アップまですることが、交渉なのです。途中で止めたら、営業さんが得するだけですよ!
自動車の商談をされる方はぜひ下取り交渉も重視してください。よりお安く、好きな車を購入できます!

車種によっては5年乗った車でも高値で売ることが可能です。

車を売却する場合には走行距離や購入からの年数、傷の程度や事故歴などによってその査定額は変わってくるものです。しかし売却する業者にとって何よりも重要になってくるのが、ずばり車種がどのようなものかということです。現在車の買取業者は専業で行っているところもあれば、並行して中古車の販売を行っているところ、そしてディーラーが新車を購入する顧客の乗っていた車を下取りするといった複数のところがあります。そのような買取業者ではさまざまな車種の車を買取してはいるのですが、中古車市場で特に人気の高い車種に関してはピックアップして高値を付けるようにしています。その時に中古車販売店などを通じてこの車種が欲しいと希望することが可能になっていて、その車種が買取業者に持ち込まれた場合には依頼人が予想している以上の高値で車を買取することも少なくありません。状況によっては5年程度乗った車でも約100万円で買取されることもあるくらいです。人気の車種に関してはその時その時で変わってくることから、新車を購入するために車を手放す場合や、さまざまな事情で車を手放すことになった場合はまず買取業者で査定を受けるべきです。査定に関してはさまざまな手続きがありそうなので面倒だと思いがちですが、依頼人が店舗に出向かなくても業者が自宅や勤務先などに出張して査定し、買取をしてくれることも多いことから現在は車の買取はかなり簡単にできるものとなっているのです。

本音を言えば、買い換えたいです。

すぐにとは言いませんが、車を買い換えたい気持ちがあります。
私は現在、ホンダのモビリオを所有しています。
モビリオを購入してから11年ほどとなります。
時の流れは早いものですね。
モビリオは既に生産されていない車です。
後継機としては「フリード」があります。
形は少し変わりましたが名前まで変わってしまいました。
できれば、名前も「モビリオ」のまま残してほしかったですね。

11年で走行距離は約67,000km。
いかに走っていないかかがわかります。
車検の度においても、全く距離数が伸びていません。
普段は近隣にしか買い物に行かないからです。
妻は免許を持っていないので、我が家で車を運転するのは私だけです。
しかも私は最近、週休一日の状態ですから、車を運転する機会がより少なくなっています。
車の運転自体は嫌いではありません。
長距離へのドライブで高速を走る時などは、自分でハンドルを握ってドライブしたいタイプですので
運転は全く苦ではありません。
このように私は運転するのが非常に少ないのですが
最近は、本音を言えば車を買い換えたいとも思います。
モビリオに対して、凄く不満があるわけではありませんが、もう少し広めの車でもいいかなと思うこともあります。
我が家は家族四人ですので、それほど狭さは感じはしませんが
もうひとつ広いタイプの車であれば、余裕があるのではないかと感じたりもします。
人間は贅沢なものですね。欲はつきませんね。
最近の進化した車に憧れがあります。